headerbg

外壁塗装・屋根塗装は相模原市の光栄創建

光栄創建

tel

ホーム サービスの流れ 施工の流れ 塗料のご紹介 施工実績 お客様の声 会社概要
headline: 光栄創建は、相模原市を地域密着とした外壁塗装や屋根塗装を完全自社施工で行っております。

 

お電話でのお問合わせはこちら

実は知ってた!??

かんたん診断

アパート・マンション オーナー様に!!

工場・倉庫置場

banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
かんたん診断
粉が手につく

年数が経過すると劣化し防水効果のない状態になります。

pic
ヒビが入っている
モルタル壁も夏冬の寒暖の差で膨張・伸縮によりヒビもでてきます。
また、窓廻りには負担が大きく発生しやすい所です。
pic
旧塗膜の剥がれ

原因はさまざまですが
前回塗替え時の下地処理ミスが考えられます。 

pic
モール・ボードの欠け

つなぎ部分のコーキングのヤセ等により水が浸透しやすくなるケースが多いです。

pic
目地の痛み
サイディングには壁同士の目地部分に使用されているコーキングの硬化、ヤセには注意です。

外壁がサイディング場合
一番大事な工事がコーキング処理

サイディングには大まかに《窯業系サイディング》 と 《金属系サイディング》 の2種類になります。
どのサイディングでもサイディング材の継 ぎ目にコーキングが充填してあります。
このコーキング処理が大事な工事です。
経年しコーキングが硬化し痩せてくると雨がシミてき、サイディング材を痛めてしまいます。

pic

pic

塗替えの際、既存のコーキングを撤去し打替えなければいけないところ、営業会社の方たちは契約を取りたいが為に既存コーキングの上に増し打ちで大丈夫と!言い、あってはならない工事を進める業者も残念ながらおります。
目地コーキングは一番大事なので塗料のグレードを下げてもコーキングの打替え工事は絶対必要な工事です。